空港レンタカーの無人貸渡し

超小型電気自動車(EV)シェアリング「Ha:mo RIDE 豊田」 超小型電気自動車(EV)シェアリング「Ha:mo RIDE 豊田」
キーボックス

空港レンタカーの無人貸渡し

空港レンタカーの無人貸渡し

空港レンタカーで下記のことにお困りではないですか?

・飛行機の到着に合わせてスタッフを配置するため、無駄なコストが発生しやすい
・車両が離れた場所にあるため、地図を印刷して渡したり、スタッフがいちいちご案内したりしないといけない
・予約をしているのにも関わらず混雑により待つことになり、お客様からのクレームに繋がる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

uprのIoT鍵管理ソリューションを空港レンタカーに導入すると・・・

・貸渡証をシステムで発行可能。無人で車両の貸渡しを行えるため、スタッフの配置を最適化できる
・スマートフォンで車両の場所を地図で表示可能。地図や案内スタッフ不要でコストを削減できる
・無人での車両の貸渡しにより、もうお客様を待たせない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

車両50台を管理する空港レンタカー営業所にキーボックス2台を導入すると、以下の経済的な効果を期待できます。

・店舗の省人化によるコストの削減:時給1,200円の案内スタッフ1人分の人件費を削減できたとして、年間2,304,000円のコスト削減
・車両の回転率の向上による利益:時間料金1000円として、月6回30分早く(長く)利用されるとすると、年間1,800,000円の利益
・キーボックス導入コスト:フルサイズ導入159,900円×2台+システム利用料21,340円×2台/月

→年間3,272,040円の収益改善!
(当社試算)