お知らせ

無人で鍵の受け渡しができるキーボックス型モビリティ無人貸渡システムを提供開始

掲載日:2020.10.12ニュース

キーボックス型モビリティ無人貸渡システム1

 

ユーピーアール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:酒田義矢)は、キーカフェ・ジャパン合同会社(本社:東京都渋谷区、代表:小河内亮)が展開する、無人で鍵の受け渡しができるIoT鍵管理システム「SmartBox」を活用したモビリティ無人貸渡システムを、レンタカー・カーシェアリング・貸自転車などのモビリティビジネスを手掛ける事業者向けに提供いたします。

 

プレスリリースはこちら

 

当社は2004年よりカーシェアリング関連事業を開始した、国内における草分け企業の1社です。カーシェアリングに関する豊富な経験とノウハウを生かし、カーシェアリングサービス事業者向けに、車載機レンタルとWebシステムをパッケージサービスとして提供してまいりました。

 

このたび、当社の成熟されたカーシェア予約管理システムを、世界中の民泊などで広く利用されている無人の鍵受け渡しシステム「SmartBox」と連携させ、モビリティ無人貸渡システムを開発いたしました。
従来、当社の車載機の仕様では、自動車以外のモビリティへの活用が困難でしたが、本システムを活用することで、レンタカーやカーシェアリングのほか、自転車・バイクなど、あらゆるモビリティにおけるシェアリングビジネスを容易に展開できるようになります。

 

当社は本システムを通して、モビリティビジネス事業者がよりフレキシブルに事業展開を行える環境を提供することで、自動車・自転車・バイクなど、あらゆるモビリティのシェアリングサービスの普及に繋げてまいります。

 

 

 システム概要

 

鍵の受け渡しを無人で行うためのSmartBoxと当社カーシェアシステムとの連携で構成されるシステムです。会員サイトから利用開始/終了操作をすることで、鍵の貸出・返却を行えます。

 

キーボックス型モビリティ無人貸渡システム2

 

【ポイント】

 

①既存の会員サイトからすべての操作を可能にします。

 

②管理サイトから遠隔操作を可能にします。

 

③車載機搭載型車両との混在利用を可能にします。(業界初!!)

 

④GPSロガーを後付することで、位置情報と走行距離の取得も可能にします。

 

 

 

 

 システム利用イメージ

 

キーボックス型モビリティ無人貸渡システム3

 

 

 従来の車載機との比較

 

キーボックス型モビリティ無人貸渡システム4

 

 

 導入のメリット

 

★キーボックス1台で最大24台の車両を同時貸渡可能!

フルサイズのキーボックスは、24個のキャビネット(鍵を保管する枠)があるため、キーボックス1台で最大24台分の車両を同時に貸渡可能

 

★ “車載機” が無いため、楽々導入可能!

車に対する後付け機器が無いので、鍵に専用キーホルダーを取り付れば準備完了!

位置情報の取得、走行距離計測が必要な場合、カンタンに取付・取外し可能な「GPSトラッカー」の提供も可能!

 

★ 「鍵」があればどんなモビリティでも利用可能!

・輸入車、超小型モビリティ、キャンピングカー等、車載機型の導入が難しい車両でも利用可能!

・バイクや自転車等の二輪車でもOK!

 

★レンタカー的な配車・予約が可能!

・キーホルダーと鍵の組み合わせを変えることで、カンタンに貸渡車両の入れ替えが可能

 

 

キーボックス型モビリティ無人貸渡システム5

ページトップへ