導入事例

協同組合 長崎卸センター 様

  • 販促物制作
  • コンサルティング
  • システムレンタル
  • 事業運営委託
  • システム開発

  • 全国の商業団地への展開を目指す
  • 2010年10月に全国の商業団地で初めてカーシェアリングをスタートさせました。団地内に拠点を置く組合員企業が共有し、営業車のコスト削減や交通渋滞の緩和などを目指します。今後は運用を数年内に30台程度に拡大させ、また引き合いをいただいている複数の県の商業団地などと連携し、独自モデルの全国展開を図ります。

    会社名:協同組合 長崎卸センター 様
    サービス名:かしぇり
    URLhttp://www.e064.com/
  • かしぇり
導入エリア 長崎市
導入シーン 工業・商業団地
導入サービス カーシェアリングシステムレンタル

導入したお客様の声

長崎卸センターサービス株式会社 IT事業部長 松尾様

Q.御社の主な事業内容を教えてください。

A.当社は、協同組合子会社として、不動産賃貸業・保険代理店業・長崎文化歴史情報配信事業などに取り組んでおります。カーシェアリング事業については、協同組合の共同事業として実施し、そのノウハウを商団連加盟組合員様はじめ、お取引の外部企業様へ提供させていただいております。

Q.松尾さんのお仕事内容について教えてください。

A.自主運営カーシェアリング事業では、顧客対応含め、車両メンテナンスの手配等全般的に担当しており、外部企業に対するカーシェアリング事業促進として営業活動も行っております。

Q.お取扱いサービスの内容や特徴について教えてください。

A.自主運営のカーシェアリングは、現在組合企業様向けのサービスです。特に、総務・経理部門の社用車代替えを目的に導入しており、短時間短距離を手軽に使っていただけるよう、会費なしで使った分だけのリーズナブルな料金設定としております。なお、長距離長時間利用も視野にいれ、1日4,000円を上限とし、36時間まで8,000円、72時間まで12,000円のコースプランや、月額定額をお支払いただくことで通常より多く利用できるパックプランを設定しております。また、組合企業の従業員様向けに、平日17:30~翌8:30までと土日祝日に利用できる通勤プランも設定し、利便性向上に努めております。

Q.カーシェアリングをはじめたきっかけを教えてください。

A.協同組合の皆様に一律で提供できるサービスとして、車を使うカーシェアリングサービスが最適でした。

Q.そこで、UPRシステムを導入した理由は何でしょうか。

A.UPRシステムは当社の計画に適したシステムであった事、またあらゆる国産自動車へ取付可能な車載機の汎用性が導入の決めてになりました。

Q.カーシェアリング事業を行っていて困ったことや大変だったことはありましたか?

A.当社の場合、企業向けサービスであることから利用はもっぱら平日中ですので、お客様からの問合せも営業時間内がほとんどで、特段困難には直面しておりません。強いて言うならば、雨の長崎・黄砂やPM2.5の影響で車の清掃には手がかかります。

Q.UPRシステムを継続してご利用いただいている理由を教えてください。

A.当初導入のシステムからリニューアルし、業務が楽になったこと、顧客の声を聴き常に要望に対してバージョンアップを実施しているところが運営側として非常にありがたいと感じています。また、利用シーンでのシステム操作で、携帯操作に慣れない方でも数回使っていただければどなたでも利用できる簡単さも理由のひとつと言えるでしょう。

Q.今後UPRに期待することはありますか?

A.システムはよくできていると思いますが、ドアの開閉に関して言えば携帯ではなく自身のクレジットカード、運転免許証のカードを車にかざすだけでできるようになったら便利だなと思います。あとは、支払い方法への柔軟性がもっとあると良いと思います。

Q.最後に、御社のPRをお願いします!

A.カーシェアリングの導入から運営までコンサルを実施しています。長年の実績で、皆様の事業をサポートいたします。カーシェアリング事業を検討の際は、ぜひお声掛けください!

長崎卸センターサービス株式会社 IT事業部長 松尾様

ページトップへ